しごと

● しごと

 

 現在、働いている人の三人に一人は非正規雇用、つまり契約社員という状況です。景気動向次第で契約を打ち切られることもある点で、働く人には厳しい雇用形態といえるでしょう。しかし、終身雇用時代にはその弊害を指摘する声も強かったのです。自由にいろんな会社に好きな時に働きたいというニーズがありました。さて、どんな働き方をするか、どんな働き方なら可能なのか?  実現性の高い働き方を考えてライフプランを立てる柔軟性が必要ですね。ご一緒に研究しましょう!

 

  

 

 日本の失業率は先進国の中では低いほうです。しかし、日本の場合はアルバイトをしている人は失業者とみなさず、アメリカはアルバイトをしていても職にありつけない場合は失業とみなすためにアメリカ式に計算すると数字は違ってくるといえそうです。

 

 

 

 パートタイムで働くと正社員の半分以下の賃金になる日本。スイスはほぼ、同額ですね。ちなみに米国はランク外。企業の経営効率を追求するとパートタイマーに支払う賃金は低くなるのでしょう。会社は誰のものか? の考え方の違いなどで格差がでてしまうようです。